2本の論文がNAACLにアクセプトされました。